木目込み雛人形の製作過程

今回ご紹介させた頂いた人気雛人形は原孝洲さんと真多呂さんの「木目込み雛人形」と呼ばれています。

木目込人形(木目込み人形)は、江戸時代約270年前の元文年間(1736〜41)に京都の地で始まったといわれています。

一般的な説として、当時の上加茂神社に仕えていた高橋忠重という人が、余技で、神社の祭礼用の道具を作った余りで木彫りの人形を作り、それに神社の衣裳の残り裂を木目込んだのがはじまりといわれています。

木目込人形は、胴体に彫った溝に布地の端を埋め込んで、あたかも衣裳を着せたように見せる人形のことです。

当時、この埋め込むことを「きめこむ」ともいったところから、木目込(きめこみ)人形と呼ばれるようになりました。

製作過程は、頭と胴体を別々に作成し、胴体が出来上がった後に頭を取付けて仕上げます。

柳の木を一体ずつ彫刻して仕上げるために、手間と時間を非常に要してしまい、制作個数が極端に限られたものでした。

明治の終わりごろになると、京都で賀茂人形作りの修行を積んだ人形師、吉野栄吉さんが画期的な手法を考案しました。

それは、桐塑を型抜きして胴体を作るという現在の製造法に通じるものです。

この画期的な技法により、多量生産や形態の多様化が可能になり、様々な種類の木目込雛人形をはじめ、様々な木目込み人形が作られるようになったのです。

そして現在、木目込み人形の普及は著しく伸び、雛人形にいたっては住宅事情の変化と伴い、衣裳人形と同じぐらいになっています。

まさに、賀茂川のほとりで生まれた柳の木から作られて人形は、250年の歴史を経て、全国の日本人から愛される作品となりました。


<木目込み雛人形の製作過程>



1.原型をつくります。

2.原型をもとに作った型に、桐塑を詰め込みます。

3.これで、原型と同じ塑像の感性です。

4.塑像を整えます。

5.さて、いよいよ布を木目込みます。

6.さあ、完成しましたよ!!


優しい顔の『原孝洲/木目込み雛人形』のオンラインショップはコチラへどうぞ


凛々しい顔の『真多呂/木目込み雛人形』のオンラインショップはコチラへどうぞ

雛人形|人気おすすめランキングはこちらですのトップページへ