【www.雛人形人気.net】運営者情報

このサイト、『雛人形|人気おすすめランキングはこちらです。』を運営してる貝塚です。

3月3日に行われるひな祭りは、女の子の節句ですね。

この日は雛人形を飾り、白酒、ひし餅、ハマグリのお吸い物などでお祝いするのが一般的です。

古代中国には、 3月最初の巳の日に、川に入ってケガレを清める上巳節という行事がありました。

それが日本に伝わり、さらに室町時代の貴族の女の子たちの人形遊びである「ひいな遊び」が合わさって、ひな祭りの原型ができていきました。

今でも1部の地域に残る「流し雛」の風習は、この由来に倣って、子供のケガレを雛人形に移して、川や海に流したことから来ています。

やがて近世の安土.桃山時代になると、貴族から武家の社会に伝わり、さらに江戸時代には、ひな祭りは庶民の間に広まっていきました。

この頃には、ひな壇にひな人形を置くとともに桃の花を飾るという、現在の雛祭りに近い形になっています。 ちなみに、桃の木は、中国で悪魔を打ち払う神聖な木と考えられていたため、ひな祭りで飾られるようになったといいます。

こうして、 1年の節目として重要とされた五節供の1つである、桃の節句が誕生しました。

ところで俗にひな人形はあまり長く飾ると、女の子の婚期が遅れると考えられています。

ひな祭りが済んだ翌日以降、なるべく早く片付けるべきといいます。

そして3月の春分の日を挟んで、前後約3日ずつの1週間を「春のお彼岸」といいます。

春分の日は昼夜の長さが同じで、太陽が真西に沈むため、仏教で西方はるかかなたにあるといわれる極楽浄土にちなんで、この日に仏事をするようになりました。

「彼岸」とは仏教用語で向こう岸という意味になります。

一切の悩みを捨て去って悟りの境地に達することを言います。

ちなみに、生死の苦しみに迷う現世が「此岸」です。

この仏教思想に、日本古来の祖先信仰が合わさって、お彼岸行事が生まれました。

この期間中、お寺では彼岸会という法要が行われ、読経・説法などをします。

また、檀家の人たちはお寺で説法聞いたり、祖先の墓参りをし、団子やぼたもちを作って仏前にそなえます。

同じく「秋のお彼岸」は、 9月の秋分の日を挟んだ前後約3日ずつで、春のお彼岸と同様祖先を供養し、故人をしのんできました。


◆【www.雛人形人気.net】運営者:貝塚
◆E-mail:news1962online@@yahoo.co.jp
※「@」は1個に変更して下さい。
◆住所:東京都世田谷区

雛人形|人気おすすめランキングはこちらですのトップページへ